コンテンツへスキップ

R6S 上達法 立ち回り編

r6s_screenshot_11
R6Sの立ち回りは様々なタイプがあると思う。

 

・見つけた敵をとにかく倒しにいく脳筋タイプ

・ドローンやカメラを使い戦略的に戦うタイプ

・味方の援護に徹するタイプ

他にも人それぞれの動き方があると思う。

この様々なタイプの立ち回りを成功させるためには

幾つかのポイントがある。

・マップを把握する

・同じルート、同じ作戦を続けてやらない

・おおよその予測を立てて行動をする

マップを把握する。

これは大前提。

マップを把握していない状況で勝つのはほぼ不可能に近いと思う。

そこで、マップをしっかり把握しそのマップでの守りやすいポイントや

撃ち合いでの強ポジを見つけることで相手より有利な状況で戦うことができる。

同じルート、同じ作戦を続けてやらない

毎ラウンド同じことをやっていては敵に対策をされてしまう。

試合の中でも緩急をつけていくことが大事になる。

準備を整えるのが遅い敵ならばラッシュを仕掛けることも

かなり有効な作戦になる。

おおよその予測を立てて行動をする。

試合の数をこなしていくと大体の予測をしながら試合を進められるようになると思う。

「このマップのあのエリアは守りにくいから遊撃に出てる人が多い、、、

なら最初からポイントに攻め込んでしまおう」

など大体の推測をして試合を進められる。

立ち回りは敵の裏をかくように考えて動くとうまくいくと思われる。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です