コンテンツへスキップ

FPSゲームにおいて設定は非常に大切なものになると思う。

 

操作設定

グラフィック設定

ディスプレイ設定

いろいろな設定がある。

 

始めはわからないことも多く、プレイが上手い人のものを真似することも

いいと思うが、上達するためには自分で自分に合った設定を探すということも

大切になると思う。

 

上手い人のものを真似るだけではなく、自分のプレイスタイル プレイ環境に

適した設定を探してみるのも悪くないと思う。

11月18日よりSTARTしたシーズン4  Red Crow

それと同時にパッチ5.0も適用されたので、これによって何が変わったのかをご紹介

ソース(https://ubisoft-support.jp/info/info-70/)

  • ・新武器スキンの追加
  • ・戦闘ユニフォームセット
  • ・ランクマッチのアクションフェイズ時間の変更
  • ・弾丸の口径によって壁に空く穴の大きさの変更
  • ・手や首のあたり判定の変更
  • ・各武器の弱体化や修正

大きく変化があったのがこれらのパッチ

 

・新武器スキンの追加

新シーズンが始まったことによって新オペレーターの火花とエコーが追加された

それに伴って新しい武器スキンも登場した。和風テイストな鶴のスキンや風神雷神などのスキンなどいかにも日本というようなスキンが追加されていて、個人的には鶴がお気に入りである。

 

・戦闘ユニフォームセットの追加

新たにユニフォームの機能が追加され、それぞれのオペレーターで様々なユニフォームが用意されている。 現在 スレッジやテルミットなどにエリートタイプのユニフォームが追加されており、MVPをとるとカッコイイモーションを披露してくれるらしい。

 

・ランクマッチのアクションフェーズの時間変更

今までランクマッチのアクションフェーズは4分だったが、今回から3分に変更された。

なれていないプレイヤーは時間が少なく手間どることが多いかもしれないが、カジュアルは

現在も4分の設定なので、カジュアルで腕を磨いてから、ランクマッチに挑戦してみるといいのではと思う。

3分になったことで、今までのような細かいクリアリングができなくなり、攻めのバリエーションなどが変わってくると思うので、今後のランクマッチの展開が楽しみである。

 

・弾丸の口径によって壁に空く穴の大きさの変更

今まではどの銃でも壁に空く穴のサイズは変わらなかったが、今回からは弾丸の口径によって空くサイズが変わる。 一番大きいものだとグラズのライフルなどが口径が大きく、サブマシンガンなどは口径が小さい。 この変更により、サブマシンガンなどでの穴あけ工事には時間がかかることになったが、ショットガンによる穴あけの工事は楽になるのではないかと思う。

 

・手や首のあたり判定の変更

以前までは手のあたり判定はダメージが0.75倍となっていたが、今回から等倍に変更された。

首への判定は以前まで2.5倍であったが、これからは頭と同じ倍率に。

つまりネックショット=ヘッドショットになるということなので、ヘッドショットの判定が広がったという考え方ができる。 今まで、「今の頭じゃないの?」という経験をした人が多くいると思うが、

今回のパッチによりそれが解消され、首でもヘッドショットの判定になった。

 

・各武器の弱体化や修正

カヴェイラのルイソン

今までは距離減衰によるダメージの低下がすさまじかったが、今回からは8mまで胴体2発でキルすることが可能になった。

距離  0   3  5  7  10 15

昔  105  105 71 36 20 20

現在 105 105 96 70 35 20

 

ブラックビアードのMk17 CQB

ダメージが低下しているのがわかる

距離 0 21 36

昔  55 55 31

現在 44 44 28

 

カピタオのPARA

ダメージが高くかなり強かったPARAもダメージが低下

距離 0 28 40

昔  55 55 32

現在 45 45 29

 

 

今回のパッチでは大きくこれらのことが変更された。

ほかにもマッチメイキングやマップの細かい修正などが入っているので、

詳細を知りたい人はソースから見てほしい。

 

 

 

 

 

snapcrab_no-0000 snapcrab_no-0001 snapcrab_no-0002 snapcrab_no-0003 snapcrab_no-0004 snapcrab_no-0005 snapcrab_no-0006 snapcrab_no-0007 snapcrab_no-0008 snapcrab_no-0009 snapcrab_no-0010 snapcrab_no-0011

マウスのDPIは1000 マウスはRazer DeathAdder 2015 Chroma

水平感度と垂直感度はその日の調子で、+1or -1

マウスのサイドボダンに5と6を割り当て

マウスのホイール押し込みに射撃モードをMと併用して割り当て

ゲーム音量はカジュアルの時は50% クラン戦の時は100%

 

心拍センサーを持ってる頭薄い人。

 

f:id:appler6s:20161019153211p:plain

初めに

パッチにより、心拍センサーが強化されかなり強くなったパルス。

メイン武器にUMP,m1014ショットガンを掲げ、ガジェットにはC4を持つことができる。足が速く、遊撃にはもってこいのオペレーター。

 

いつだかのパッチにより武器の即切り替えはできなくなったが、それでも十分に強いオペレーターである。

パルスの活用法は言うまでもなく、心拍センサーを使い的を索敵し、敵を狩る。

具体的な使い方としては、心拍センサーは壁越しでも敵の位置がわかるというものなので、貫通可能な壁1枚を隔てて戦うのがパルスの強い戦い方だと思う。

例えば民家1階のビリアードの床は木製のため、ショットガンで下から打ち抜くことが可能である。 そこをしたからパルスの心拍センサーで見て、敵が来たらショットガンで撃ちあげるそうすることで、簡単に敵を倒すことができる。

ほかにも、バンディットとテルミットの餅付き、これはテルミットがヒートチャージを貼る位置をバンディットが音で聞き分けるものだが、パルスの心拍センサーを活用することで、どっちに敵が来たのかを味方に教えることができる。

パルスの心拍センサーはこのように、自分でキルをするほかにも味方の援護もすることが可能なので、ぜひ活用していただきたい。

 

最後に

パルスの心拍センサーをうまく活用するためには、貫通可能な壁越しに戦う

心拍センサーで味方の援護ができる

詳しい説明はこちらの動画をどうぞ。

 

asdasdasdasd

ショックドローンを持ってるお姉さん

 

メイン武器はF2か416

サブはお好み

ガジェットはフラバン

 

トゥイッチの持っているショックドローンは敵の電子機器系統を破壊することが可能。

カプカンのトラップ ミュートのジャマー バンディットのビリビリ イェーガーのADS ほかにも定点のカメラなども破壊することができる。

ショックドローンが発射するテーザーは敵に10のダメージを与えることができるため、ダウン状態に持ち込んだ敵を安全に倒すこともできる。

4.2のパッチからは準備フェーズでショックドローンを使用できるようになったため、外のカメラを破壊することができリスキルの対策などもできるようになった。

 

しかしこのショックドローンジャンプすることができない。

運用方法としては

サッチャーの代用としても使えないことはないが、扱いはドローンと同じのため敵に壊されるリスクが高い。うまく使いこなせればサッチャーとしての立ち回りができないこともないと思われる。

武器はF2がレートが高く撃ち合いでは猛威を振るう。

416は弾数が11発と少ないため、扱いが大変かもしれないが1発のダメージは大きい。

ショックドローンで敵のガジェットを壊しつつエリア内を偵察し味方の支援、それから、敵を狩りに行くスタイルでの戦い方が個人的にはいいかと思う。

 

 

最後に

ショックドローンをうまく使いサッチャーの代用

F2は高レートなため撃ち合いもなかなか強い

味方の支援をしつつ狩りに行くスタイル

ついこの間メンテナンスが入って4.3のパッチが適用された。
ちなみに PCは10/12 CSは10/18 に適用らしい。

このパッチによって何が変更されたのか、パッチノートの中から

大きく変わったであろうものを抜粋して紹介する。

 

・チームキルによるペナルティの強化

・BattlEyeの更新

・バグ修正 多数

・ネットワーク系統の変更・拡張

・降伏グリッチの修正

・カベイラの尋問

 

チームキルのペナルティは、同じプレイヤーを2回キルすると発動され、

1回目はゲームから除外&名声ペナルティ50%減少 15~30分

2回目は30分のマッチメイキング禁止

3回目は2時間〃

4回目は24時間〃

5回目は7日間〃

となるらしい。

 

降伏グリッチの修正は、以前まではランクマッチで0-3となった場合降伏をすることができるようになっていたが、降伏をなんらかのデータ処理中に行うことでその試合自体がなかったことになるようなバグが起きていたが、それが今回修正された。

 

カベイラの尋問は、以前まではカベイラに尋問されている途中に退出することで尋問を避けることができていたが、今回の修正で尋問中に退出しても尋問が最後まで完了されるように修正された。

 

ADS (Active Defense system)を持ってるジーパン、スニーカーの戦場向けじゃない人

r6-operators-jager

はじめに

ADSはかなり有効なものであり、マップによっては必須ピックになる。

ADSは敵の投擲物を破壊することができるすぐれものである。

破壊できるのは、フラググレネード、フラッシュバン、EMPグレネード、ブリーチング弾

等である。

壁越しには反応することができないが広範囲で破壊することができる。

 

ADSの運用方法としては、有刺鉄線と一緒に置いて敵がフラググレネードで有刺鉄線を破壊しようとすることを防いだり、餅つきをしている味方に対して通気口から投げてくるフラグを破壊したりなど、使い方、置く場所などを工夫するとかなり相手に嫌がらせをすることができる。

サッチャーのEMPグレネードが昔ほど広範囲でなくなった現状はいろいろな場所で役立てることができると思う。

 

 

イェーガー

メイン武器に416-C CARBINE(アサルトライフル)を使用することができる。

この416は反動がそれなりに大きいが威力、レートが十分にあるため敵をゴリゴリ倒すことができる。

イェーガーは身軽なため、ADSを設置したあとは遊撃に周ることも可能であり、前半は遊撃に出て時間を稼いだ後に中盤でエリアに帰ってくるなど足の速さを活かした立ち回りなどができると思う。

とにかくADSを無駄にしないように、味方のバンディットの餅つきの手伝いや敵の進行を妨げるADSの設置などを研究すると活躍することができると思う。

 

最後に

ADSはかなり有効なものなので、しっかり活用する。

足の速さと武器の威力の高さを利用して遊撃に出たり、途中で帰ってきたり、途中であがったりなど様々な動きが可能。

 

若そうなお姉さんだけど戦うとめちゃつよ

asyu

はじめに

アッシュはブリーチング弾を発射できるグレポンみたいなものを持ってる。

普通にブリーチングチャージで開けることが可能な場所を遠距離から破壊することができる。

 

 

アッシュ

足がとても速く銃もレートが高いが扱いやすい高スペックオペレーター

メイン武器 R4-C 発射レートが高くその割には低反動で扱いやすい武器

撃ち合いではそれなりの威力を発揮する。

ブリーチング弾普通のバリケードやキャッスルのバリケードなどを破壊可能、その他スレッジと同様にブリーチングチャージで破壊可能なところは破壊することができる。

遠距離から破壊が可能なため体を長時間さらすことなく有刺鉄線なども破壊できる。

 

 

アッシュの運用方法としては、主にスレッジと同じ働きをすると考えていいのではないだろうか。持ち前の機動力を武器に敵を倒すスタイルで、自ら前線を切り開いていけるオペレーターだと思う。

 

ダウンした敵に向けてブリーチング弾を撃ち込む人をたまに見かけるが他にもっと使うべきところがあると思われるから頭を使うといいと思う。

 

最後に

ブリーチング弾は危険が少ない条件でブリーチング可能な場所を破壊できる。

有刺鉄線も壊せる。 イェーガーのADSに破壊される。

メイン武器が強いから撃ち合いは強め。

自ら前線を切り開いていくスタイルがおすすめ。

昨日はアタッチメントについて話した。

その中のサイトについて、それぞれの長所短所を教えてほしいとのことだったので、

今回はサイトについて話していきたいと思う。

サイトは自分の使いやすい、見やすいものを選ぶのが一番だと昨日話した。

結果的にはそこにたどり着くと思われる。

 

まず、レッドドットサイト

reddotsight

 

x1の等倍サイトであり、真ん中に赤い丸だけがある。

個人的にはこの真ん中の丸い点が大きすぎて、遠距離での打ち合いになると敵の頭がこの点で邪魔になり撃ち合いにくくなるのでほとんど使用していない。

ただの点があるだけとシンプルなもので、サイトの枠組みもごたごたしていなく、視野を広く取るにはいいのだと思われる。

 

つぎに、ホログラフィックサイト

holosight

 

x1の等倍サイトであり、レッドドットとは違い真ん中の点が小さくなっている代わりに外周に円が追加されている。 等倍サイトではこのホログラフィックサイトを自分は愛用している。

理由は先ほど話した、真ん中の点がレッドドットより小さいため遠距離でも頭を狙いやすいからである。

ただ、サイトの枠組みの下側が大きく取られているため、死角が下に少し増えてしまうかもしれない。

 

次に、リフレックスサイト

trianglesight

 

昔は、▲の真ん中に弾が飛ぶという仕様になっていて、使いずらいと言ったらありゃしないという理由で使っていなかった。 現在は修正されて、▲の先端に弾が飛ぶようになっている。

サイトの面積自体が小さく視野は広くとれるが、自分が選ぶことに重視している真ん中の点が大きすぎて、狙うのに邪魔になることからこのサイトは全く使っていない。

 

最後に、ACOGサイト

acogsight

ACOGサイトだけは他のサイトと違いx2.5倍のサイトとなっている。

倍率が高いだけあって、遠距離戦闘向けである。

倍率が高いと敵の大きさも大きく見えるが、その分自分の死角も増える。

サイトの枠組みも大きめに取られているため、サイトの陰に隠れて敵を見過ごすこともたまにある。

リスキルなど遠距離で戦うときは敵の頭を狙いやすいため使いやすい。

 

それぞれのサイトを並べると違いが分かると思うが、それぞれの死角や見えやすさの違いが分かると思う。

snapcrab_no-0000snapcrab_no-0001snapcrab_no-0002snapcrab_no-0004

 

今回はそれぞれのサイトを解説してみたので、ぜひ参考にしていただきたい。

 

 

武器につけることができるアタッチメント 種類としては4種類ある。

サイト・バレル・グリップ・アンダーバレル

今回はこれらのアタッチメントはどういう性能を持っていて、

どれを付ければいいのかを簡単に解説したいと思う。

 

まずはサイト

サイトは4種類用意されていて、

レッドドットサイト リフレックスサイト ホログラフィックサイト ACOGサイトがある。

これらの違いとしては、中心の照準の形と倍率の違いである。

レッドドット、リフレックス、ホログラフィックは x1の等倍サイトであり、ACOGはx2.5倍サイトである。

サイトについては、これが絶対的に強い!というものはなく、自分の使いやすいものを選ぶのが良いと思う。

私はACOGサイトを愛用していたが、最近はホロサイトをよく使っている。

理由としてはACOGサイトは遠距離で戦いやすく、倍率が高いため頭が大きく見え狙いやすいからである。しかし、最近はACOGを使うと死角が増えるため、ホロサイトを使って視野を広く取り、等倍サイトでもヘッドショットをしっかり当てる練習をしている。

つまり、サイトは自分が一番見やすいものを選ぶといいと思う。

 

次にバレル

バレルは最近のパッチで新たに二つ追加された。

コンペンセイター フラッシュハイダー サプレッサー マズルブレーキ 拡張型バレル

この5つになった。

それぞれの説明をすると、

コンペンセイター

フルオート時の反動を抑え集弾率が上がる

フラッシュハイダー 

武器のマズルフラッシュを抑え、バースト時の小さな反動を減らす

サプレッサー 

威力と引き換えに武器の発射音を抑える

マズルブレーキ

全般的な武器の反動を減らし、フラッシュハイダーとコンペンセイターの間をとり、照準を安定させる

拡張型バレル

より長距離の射程範囲に十分なダメージを与え、相手に対する位置取りにおいて、より多くの選択肢を提供する

 

簡単に説明すると、

フルオートで運用する武器にはコンペンセイター

セミオート、タップ撃ちで運用する武器にはフラッシュハイダー

レートの低いサブマシンガンなどには拡張型バレル

DMRとうのセミオートライフルにはマズルブレーキ

忍者プレイしたい方にはサプレッサー

というような形になる。

 

最後にグリップとアンダーバレル

グリップは2種類あり、一つは最近のパッチで追加された

バーティカルグリップ

武器の反動を抑えるバーティカルグリップ

アングルグリップ

腰撃ちからADSへの移行時間を短くするアングルグリップ

グリップにおいては、基本的にバーティカルグリップを付けておけば問題ないと思われる。

アングルグリップを使った感じとしては、それほど恩恵を感じない。

アンダーバレルは1つだけレーザーサイトが用意されている。

レーザーサイト

レーザーによって腰撃ちの精度を上げる着脱式のサイト

用途としてはショットガンなどにつけるとよいと思われるが、レーザーサイトの光は敵にも視認されるので、状況によっては敵に位置がばれる可能性もある。

ショットガン 弱体化パッチが前に適用されたが、いまだに近距離においては最強なので、

レーザーサイトをつけなくても十分戦えると思う。

 

今回はアタッチメントについて説明したが、それぞれ個人で使いやすい反動になったり使いにくいサイトだったりがあると思うので、自分に合ったサイトやカスタムを見つけてみてほしい。