コンテンツへスキップ

FPS上達法 初心者向けエイム練習法 エイム感度の合わせ方 [リクエスト]

maxresdefault

今回もリクエストいただきありがとうございます。

今回は、初心者向けのエイムの練習方法とエイムの感度の合わせ方について、自分なりの考えを書きたいと思う。

まず、エイムの練習方法

練習方法はいろいろあると思うが、自分がいいと思うのはテロハントヘッドショット縛り、窓枠撃ち、カジュアルをひたすら回す、などが良いと思う。

それぞれ、ただやるだけではなく、エイムの練習ということを意識してやることが大切だと思う。

具体的には、

テロハントで見えた敵の頭に素早くエイムを合わせる練習。

窓枠撃ちで自分が狙った場所に素早くエイムを移動させる練習。

カジュアルを回すときは、立ち回りではなく撃ち合いで勝負することを意識して、いつもなら引くような場面であえて撃ち合いに行く。

などなど、何を目的としているのかをしっかり意識しながら練習すると良いと思われる。

 

次に、エイム感度の合わせ方

よく初心者の方々はうまい人の感度やキー設定などの情報を聞き、真似しようとするのを見かける。 それ自体は、悪いことではなくもはやうまい人の知識を盗み、自分の上達につなげようとしているのでいいことだと思う。

しかし、人ぞれぞれ環境などによってやりやすかったり、やりにくかったりと個人差が出る。

なので一概に人のものを真似するだけではなく、自分に合ったものを見つけるといいと思う。

その方法として、

エイム感度で言えば、PC PS4どちらも

自分の狙った場所に一番早く、的確に合わせることができる感度

これが自分に合っている感度だと思う。

キー配置で言えば、

自分の指が違和感なく動ける配置

これが自分に合っているキー設定だと思う。

 

感度の話でよくあるのが、 感度が高いのと低いのどちらがいいんですか という質問を

たまにいただくが、私は高い方が結果的にはいいのだと思う。

理由としては、感度が高いのをしっかり扱うことができれば、突然裏を取られた場合に振り向くことができたり、2人の敵を相手にしたときに素早くエイムを合わせられるなど、スピーディーに対処できるからである。

じゃあ、なぜ高い感度設定にしないかというと、感度が高いとなかなか扱いが難しく、遠距離になればなるほど制御も難しくなるからである。 そこで、私はとっさの時に対処ができ、遠距離でも戦うことができる ミドルセンシ(感度 高より低く 低より高い)で戦っている。 (振り向き13cmほど)

 

今回はエイムのことについて書いたが、私自身もエイム力を向上させている途中なので

参考程度に考えていただきたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です