コンテンツへスキップ

R6S ガジェット使い道 使い方 選ぶ基準 [リクエスト]

各オペレーターが装備できるガジェットは様々なものがある。

その中からどれを選ぶべきか、それぞれの有効的な使い方と選ぶ基準を説明していきたいと思う。

 

snapcrab_no-0002

まず初めに最近のパッチにて追加されたクレイモア

攻撃側のオペレーター トゥイッチ・テルミット・サッチャー・グラズが使用できる。

対人地雷であり、平地に設置することができる。

設置した後はクレイモアの前面中心から赤いレーザーが出て、そのレーザーに敵が触れると起爆する仕組み。

有効的な使い方としては、裏取りに来た敵の阻止や時間稼ぎと、飛び出して来る敵への対処として利用できる。

snapcrab_no-0003 snapcrab_no-0004

 

 

snapcrab_no-0004

こちらも最近のパッチにて新しく追加されたガジェット、インパクトグレネード

カヴェイラ・キャッスル・スモーク・ルークが所持できる

投擲から1秒後もしくは壁に着弾したときに爆発する。

使用用途は敵に投げてダメージを与えるというよりかは、壁に投げて通り道を作るという使い方が一般的。

snapcrab_no-0005

有効的な使い方としては、先ほども書いた通り、従来はショットガンやC4などを使用して開けていた通り道をこのインパクトグレネードで開けることができる。

通り道を使うほかには、少量ではあるが敵にダメージ(1発 直当てで焼く50ダメージ)を与えることができるので、ダウンした敵をやるときや、窓でラペリングしているビアードへの対処、廊下で構えているシールド持ちへの対処として使うと有効的である。

 

snapcrab_no-0006

展開型シールドは防衛側の多数のオペレーターが所持できる。

敵の銃弾は全て弾き返す。

フラググレネードとアッシュのブリーチング弾、フューズのクラスターチャージによって破壊することができる。

使い道としては、自分が立てこもる位置に盾を設置して、盾に隠れながら撃ち合う。

通路を塞ぐように設置し(画像参照)敵の進行を妨害する。

snapcrab_no-0006

通路を塞ぐように設置した盾の隙間から敵を撃つ。

snapcrab_no-0007

これらが有効的な使い方ではないかと思う。

 

 

snapcrab_no-0003

攻撃側の多数のオペレーターが所持できる。

敵、味方関係なくフラッシュは効果を持つ。

直視すると数秒間視界が真っ白になる。

普通に使うのであれば、エリアの侵入前にエリアに向かってスタングレネードを投げ入れて

フラッシュが効いた後に突入するなどの方法がある。

最近のクラン戦では通常の使い方ではなく、イェーガーのADSを破壊する用途として使っている。

ADSは2つの投擲物を破壊することができるため、先にスタングレネードを投げ入れ、わざとADSに反応させてからそのあとにフラググレネードを投げ入れるなどとして使用している。

snapcrab_no-0002

攻撃側の数名のオペレータが所持することができるノーマルなフラググレネード

使い道は簡単で敵のいる位置に投げ込む。ただそれだけ。

ほかの使い道としては、バリケードの破壊、展開型シールドの破壊、アーマーパネルの破壊、有刺鉄線の破壊などがある。

特殊な使い方としては、木材でできた床はグレネードで破壊できるため、

snapcrab_no-0008

snapcrab_no-0009

snapcrab_no-0010

このようにしたからグレネードを投げ上の敵を倒すことができる。

 

snapcrab_no-0001

攻撃側の多数のオペレーターが所持できる。

破壊可能な壁や床などに貼って穴をあけることができる。

普通のバリケードやアーマーパネルなどに貼って割ることができる。

自分が突入するほかの場所に貼っておいて、自分が突入する直前に起爆し、

敵を陽動するなどして使うといいと思う。

snapcrab_no-0000

防衛側の多数のオペレーターが所持できる。

攻撃側のオペレーターの進行を妨害することができ、有刺鉄線の上を通るときは

かなり時間がかかるため、うっとうしい。

3回殴ると破壊することができる。ほかにもグレネードやスレッジのハンマーなどで破壊可能。

有効な使い方としては、階段の途中や部屋の入口などにおいておくと、音で敵の位置が把握できたり、撃ち合いで敵の邪魔をすることができる。

snapcrab_no-0001

最後に攻撃側のオペレーター数人が所持できるスモークグレネード

投擲から数秒後煙を噴出し、視界を奪う。

スモークの特性としては、スモークの中に入ると周囲は何も見えなくなるが、

スモークの外にいる人からスモークの中にいる人を見ると、中の人は外の人が見えないが、

外の人は中の人が見える(ややこしい)立ち位置があるので気を付けていただきたい。

簡単に説明すると、スモークの中に入ると弱い。

使用用途としては、ディフューザー設置の時などに敵の射線を断つ用途で投げるとよいと思う。

味方をスモークで隠すのではなく、射線を隠すという使い方が有効的である。

 

 

今回は攻撃、防衛両方のガジェットを紹介した。

選ぶ基準としては、攻撃側であれば、フラグが持てるならフラグを、スタンとスモークであればスモークを、スタンとブリーチングチャージであればスタンを、クレイモアとスタンorブリーチングチャージであればクレイモアを という感じである。

防衛側はそれぞれマップによって使い分けるのがよいが、インパクト>有刺鉄線>盾の優先順位になると思われる。

ぜひ、一つの考えとして参考にしていただきたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です