コンテンツへスキップ

R6S 上達法 アッタチメントは何をつければいいのか

武器につけることができるアタッチメント 種類としては4種類ある。

サイト・バレル・グリップ・アンダーバレル

今回はこれらのアタッチメントはどういう性能を持っていて、

どれを付ければいいのかを簡単に解説したいと思う。

 

まずはサイト

サイトは4種類用意されていて、

レッドドットサイト リフレックスサイト ホログラフィックサイト ACOGサイトがある。

これらの違いとしては、中心の照準の形と倍率の違いである。

レッドドット、リフレックス、ホログラフィックは x1の等倍サイトであり、ACOGはx2.5倍サイトである。

サイトについては、これが絶対的に強い!というものはなく、自分の使いやすいものを選ぶのが良いと思う。

私はACOGサイトを愛用していたが、最近はホロサイトをよく使っている。

理由としてはACOGサイトは遠距離で戦いやすく、倍率が高いため頭が大きく見え狙いやすいからである。しかし、最近はACOGを使うと死角が増えるため、ホロサイトを使って視野を広く取り、等倍サイトでもヘッドショットをしっかり当てる練習をしている。

つまり、サイトは自分が一番見やすいものを選ぶといいと思う。

 

次にバレル

バレルは最近のパッチで新たに二つ追加された。

コンペンセイター フラッシュハイダー サプレッサー マズルブレーキ 拡張型バレル

この5つになった。

それぞれの説明をすると、

コンペンセイター

フルオート時の反動を抑え集弾率が上がる

フラッシュハイダー 

武器のマズルフラッシュを抑え、バースト時の小さな反動を減らす

サプレッサー 

威力と引き換えに武器の発射音を抑える

マズルブレーキ

全般的な武器の反動を減らし、フラッシュハイダーとコンペンセイターの間をとり、照準を安定させる

拡張型バレル

より長距離の射程範囲に十分なダメージを与え、相手に対する位置取りにおいて、より多くの選択肢を提供する

 

簡単に説明すると、

フルオートで運用する武器にはコンペンセイター

セミオート、タップ撃ちで運用する武器にはフラッシュハイダー

レートの低いサブマシンガンなどには拡張型バレル

DMRとうのセミオートライフルにはマズルブレーキ

忍者プレイしたい方にはサプレッサー

というような形になる。

 

最後にグリップとアンダーバレル

グリップは2種類あり、一つは最近のパッチで追加された

バーティカルグリップ

武器の反動を抑えるバーティカルグリップ

アングルグリップ

腰撃ちからADSへの移行時間を短くするアングルグリップ

グリップにおいては、基本的にバーティカルグリップを付けておけば問題ないと思われる。

アングルグリップを使った感じとしては、それほど恩恵を感じない。

アンダーバレルは1つだけレーザーサイトが用意されている。

レーザーサイト

レーザーによって腰撃ちの精度を上げる着脱式のサイト

用途としてはショットガンなどにつけるとよいと思われるが、レーザーサイトの光は敵にも視認されるので、状況によっては敵に位置がばれる可能性もある。

ショットガン 弱体化パッチが前に適用されたが、いまだに近距離においては最強なので、

レーザーサイトをつけなくても十分戦えると思う。

 

今回はアタッチメントについて説明したが、それぞれ個人で使いやすい反動になったり使いにくいサイトだったりがあると思うので、自分に合ったサイトやカスタムを見つけてみてほしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です